さまざまな情報!!

いろんなことを幅広く!
<< 健康野菜 | main | 日本スポーツ界における筋力トレーニング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
前立腺癌の症状
前立腺に発生する病気、癌の一つ。様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、殆どは腺癌であり、通常は前立腺癌≒前立腺腺癌の意味で用いられる。日本では癌死亡者の約3.5%を占める。近年は増加傾向。最近では明仁もこの病気になった。45歳以下での罹患はまれで、50歳以降によく発病、その割合は年を追うごとに増加する。

欧米では非常にポピュラーな癌で、男性死亡者の約20%でトップを占める。日本と海外の患者割合の差は、食生活の違いにあるとされる。

症状
外腺に多く発生する。初期は自覚症状がほとんどない。進行すると前立腺が腫れて尿道を圧迫される。その結果、

排尿困難
頻尿
残尿感
下腹部不快感
などの症状を生じ、悪化すると尿道が完全に閉塞され尿が出なくなり(尿閉)、血尿が出たり、水腎症になる。また進行が進むとリンパ節や骨に転移しやすくなる。

原因
高脂肪の食事。
乳製品(カルシウムの摂取量が一日600mg以上取る人は前立腺癌発症率が高くなる)。

予防
繊維成分(リコピン)を多く含んでいるものを取る。
トマト(毎日トマト、トマト料理を食べると癌発症率が減る。)
イチゴ、スイカ

治療
治療については、男性ホルモン(アンドロゲン)の作用を減らす事によるホルモン療法、外科手術による除去、放射線療法、化学療法などがあり、状態によって最適な治療法がとられる。グリーソン分類などによる病理学的異型度が低く、血清中の前立腺特異抗原 の値が低く、他の臓器への転移が認められない場合は、外科手術(根治的前立腺摘除術)もしくは放射線療法で根治することが期待できる。

高齢者や、転移のある場合(PSA値が高かったり病理検査での異型度が高かったりといった、転移の証明はできないものの転移が起こっている虞れが大きい場合を含む)は、ホルモン療法が選択され、エストロゲン製剤、アンドロゲン拮抗剤、LH-RH拮抗剤などが投与される。場合によっては精巣摘出手術が併用される。

前立腺癌の進行は比較的遅く、他の癌に比べると予後がよい。

ただしこの癌は「前立腺肥大症」という病気と症状が酷似しているため、早期発見が難しいと言われている
| 情報 | 15:30 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:30 | - | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ とっておき情報
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ